給食の歴史
みなさんこんにちは。
ワイモバイルアリオ札幌です。
本日は、敬老の日の記事で学校給食の歴史が気になってしまい、調べてみました!

日本の給食の歴史

日本最初の学校給食は、明治22年山形県の小学校だそうです。
家が貧しくお弁当をもって来れない子供がたくさんいたので、この小学校を建てたお坊さんがおにぎりや焼き魚、漬物などの昼食を出していました。
子ども達は大喜びで食べたそうです。
おなかがすいていたら勉強にも集中できないですよね。
素晴らしいお坊さんから学校給食が始まったんですね。
山形県鶴岡市の私立忠愛小学校には「給食が始まった学校です」という記念碑が建てられています。
ここから日本中に広がっていったんですね。

当時の献立

・大正15年の給食献立では、五色ご飯(ひき肉・里芋・野菜)栄養味噌汁。
栄養味噌汁の中身が気になりますね。
・昭和2年ご飯、ホウレン草のホワイト煮、さわらのつけ焼き。
まだ陶磁器の食器が使われていて、家庭でのご飯に近い雰囲気です。
なんかちょっと今風のメニューですね。
・昭和17年すいとんの味噌汁
昭和16年頃から、戦争が始まり給食を続けられないところが多くなってしまったそうです。
学校給食って戦後からかと思ってましたが、明治時代からだったなんて...
びっくりしました。
・昭和20年ミルク、味噌汁(鮭缶と輸入ホウレン草)
昭和20年に戦争は終わったが、食料不足が続いていて、このころの小学校6年生の体は今の小学校4年生と同じくらいの体格だったそうです。
・昭和22年ミルク(脱脂粉乳)トマトシチュー(スキムミルクと輸入トマトケチャップ)
・昭和25年コッペパン、ミルク、コロッケ、千切りキャベツ、ポタージュスープ
アメリカから小麦粉や脱脂粉乳の寄贈を使い8大都市の小学生対象に完全給食が開始されました。
・昭和27年コッペパン、ミルク、千切りキャベツ、ジャム、鯨肉の竜田揚げ
びっくり。鯨の竜田揚げ…
その後は、コッペパン、ミルク、千切りキャベツは変わらず、アジフライや月見フライ、マカロニサラダなどおかずのバリエーションが増えていきます。
・昭和39年ついに来ました!だだのコッペパンから揚げパンに変化しました!!
揚げパンのお供はミルクとおでん。微妙な気がするのは私だけ…??
・昭和40年これまたついに来ました!ソフト麺!!
カレーあんかけ、牛乳(混合乳)甘酢和え、果物、角チーズ
関東地方を中心にソフト麺が給食で使われ始めました。懐かしいですね~
・昭和45年焼きぞば、かき玉汁、牛乳(混合乳)みかん、アメリカンドック
・昭和49年ぶどうパン、牛乳、ハンバーグ、千切りキャベツ、粉吹き芋、果物
牛乳が混合乳から普通の牛乳に変化!
・昭和50年からコッペパン以外のパンや、ご飯の給食が開始されました。
・昭和52年カレーライス、牛乳、チーズ、ヨーグルトサラダ、がめ煮(郷土食)
このあたりから牛乳も瓶からパックに切り替わってきています。
・昭和58年ツイストパン、牛乳、卵とホウレン草のグラタン、エビのサラダ、みかん
・昭和60年ビビンバ、牛乳、キムチ風漬物、スープ、プリン
ここからはちょっと飛ばして…
令和元年【節分メニュー】手巻き寿司、ご飯、牛乳、のり、エノキ入りすまし汁、ウィンナー、たまご、あなご、ツナ
すごいですね手巻き寿司!
この記事を書いてる時、店舗スタッフと給食で何が好きだったかなど結構盛り上がりました。
今回もウィキペディアやネット検索をして調べながら記事を作成しています。
検索ワードは【学校給食】【給食 歴史】などで検索しましたよ!

店舗へのお問合せはこちら

ワイモバイルアリオ札幌
かんたん来店予約、ワイモバイルアリオ札幌電話で予約、ワイモバイルアリオ札幌マップで検索、ワイモバイルアリオ札幌

ワイモバイルオンラインショップ