Androidスマホをなくした時に役立つ『端末を探す』

こんにちは

ソフトバンク新さっぽろカテプリです。

本日はAndroidスマホをなくした時に役立つ

『端末を探す』機能のご案内を致します☆

「端末を探す」とは?

Android端末の紛失・盗難時に役立つGoogleの公式サービスで、以下のような機能が備わっています。

・GPSを使った「スマホ位置の特定」
GPS情報を取得して、スマホの現在地を特定できる。・遠隔操作で「スマホの音を鳴らす」
紛失したスマホから音を出し、発見しやすくする。

・スマホの「ロック」とスマホ画面への「メッセージ表示」
紛失したスマホの悪用を防ぐため、アクセスを制限できる。

ロック画面には発見者へのメッセージが表示できるほか、電話番号を設定して発見者にコールしてもらうことができる。

・遠隔操作で「スマホデータを消去する」
アドレス帳やクレジットカード情報など、スマホは個人情報の塊。

この機能を使えば遠方からスマホのデータを消去でき、万が一盗難された場合に悪用を防ぐことができる。

「端末を探す」を利用する条件は?

「端末を探す」を利用するためには、いくつかの条件があります。

■紛失したスマホの電源が入っていること
スマホの位置はGPS情報に紐付いているため、紛失したスマホの電源が入っていないと捜索ができません

■紛失したスマホのデータ通信が可能であること
こちらもGPSを利用するために必要な条件です。紛失したスマホが、モバイルデータ通信やWi-Fiなどにアクセスしている必要があります

■紛失したスマホ以外に「端末を探す」を使用できるスマホやパソコンがあること
スマホを探すためには、別のスマホ(家族や友人のもの)や、パソコンが必要です

■紛失したスマホのGoogleアカウントとパスワードを把握していること
別のスマホやパソコンで「端末を探す」を使って紛失したスマホを探す際、

紛失したスマホのGoogleアカウントとパスワードが必要になります。

Googleアカウントとパスワードの確認方法は以下のとおり。

[設定]>[Google]>[Googleアカウント]とタップすると上段に表示されています。

パスワードは、名前の下に表示されているメニューの[個人情報]にあります。

「端末を探す」を使うために必要な事前の設定は?

「端末を探す」を利用するためには、いくつか必要な設定や準備がある。

■Googleアカウントを取得・設定しましょう!
「端末を探す」を使うためには、Googleアカウントが必要です

まずはGoogleアカウントを取得しておきましょう。ほとんどの場合、初期設定時に設定しているはずです。

■「端末を探す」アプリのインストール
アカウントを取得したら、次は「端末を探す」アプリをインストールしましょう

Google Playの[インストール]をタップをしてください。(アプリは無料)

■位置情報をONにする

アプリをインストールしたら、次は位置情報をONにしてください

設定方法は[設定]>[セキュリティ]>[位置情報]をON

■「端末を探す」をONにする
必要な設定はこれで最後です。

[設定]>[セキュリティ]>[端末を探す]をONに。

自動的にONになっているはずですが、念のためご確認お願いします。

「端末を探す」を使ってスマホを探してみる

ここからは実際に、スマホを失くしたと想定して機能を試してみましよう。

「端末を探す」機能はスマホとパソコンから操作できます。

■スマホから探す場合
スマホを紛失した場合、急遽、家族や友人のスマホを借りて探すことが多いと思います。

まずは協力者のスマホに、先述した手順でアプリをインストール・設定した後に

「端末を探す」を起動してください。

紛失したスマホのGoogleアカウントとパスワードを入力し、ログインをしましょう。

表示された画面の、「緑色の丸(スマホのマーク)」が紛失したスマホの現在地で、「青い円」があなたの現在地です

紛失したスマホの電源が切れた場合、現在地は表示されなくなってしまうので、表示された時のスクリーンショットをしておくとスマホが見つかる可能性も高まります。

画面下に表示される端末情報をタップすると冒頭で紹介した機能

「音を鳴らす」「端末を保護」「端末データを消去」ができます。

すぐに見つかりそうな場合でも、念のため「端末を保護」でスマホにロックをかけておくことをオススメします。。

大切なスマホを失くしてしまった時の為に、ぜひご活用ください(^^♪