熱中症対策にNGな飲み物

おはようございます🐔

こんにちは☀

こんばんは🌃

ソフトバンク篠路店の橋爪です🐱

 

 

 

 

早いもので、7月後半に差し掛かりました。

まだまだ今年の夏は暑いですね🥵

熱中症には気をつけたいものです。

 

そこで、今日のブログでは熱中症対策に飲むのは“あまり良くない”とされるドリンクを調べてみましたので、お付き合い下さい!

 

 

 

水分補給のためがかえって逆効果!?な飲み物。

 

 

1カフェインを多く含むもの

 

 

うう〜!これは頭が痛い!(笑)

私、ホットコーヒーが大好きなのでついつい飲んでしまいます。

後はシャキッとしたい日なんかは、エナジードリンクも飲んだりするので、分かってはいましたが「やっぱりね…」という感じでした。

 

コーヒー、紅茶、栄養ドリンク、コーラ飲料などにはカフェインが多く含まれています。

カフェインには利尿作用があるため、飲んだ分以上の水分が体から出ていってしまうそうです。

ただ、カフェインは脳を活性化したり、眠気を覚ましたりする働きもあるので、上手に活用すればパフォーマンスアップに効果的です。

カフェイン入りの飲み物を飲んだときは水も一緒に飲むようにすると、カフェインの効果も得ながら体の水分を保つことができます。

 

 

 

2アルコール

 

 

暑い夏にはくーっとビール!サワー!チューハイ!

…なんて方も多いのではないでしょうか?(笑)

 

アルコールもカフェイン同様、利尿作用があり、例えばビール10本飲むと11本分が尿となって排せつされるといわれています。

お酒を飲むときは同じくらいの量の水を一緒に飲むようにしましょう。

特にビールは糖質量も多いので、ダイエット中は飲みすぎないようにしたいですね。

飲み会前に水を飲んでおいて、のどがカラカラの状態で入店しないようにするだけでも飲みすぎを防ぐことができます。

無糖の炭酸水もおすすめです。

 

 

3糖質の多い飲み物

 

 

ジュースやスポーツドリンクなどの砂糖入りの飲み物は、急激な血糖値の上昇につながり、肥満の原因にもなってしまいます。

スポーツドリンクはテレビなどでもCMをよく見るので、ついつい手に取ってしまいがちですが、裏面を見ると糖分がたくさん入っていることが分かります。

糖分を摂りすぎるとむくみなどが起こりやすくなったり、その後血糖値が急降下するので頭痛やイライラ、体のだるさなどにつながります。

夏はそうでなくても暑さで疲れているので、体に余計な負荷をかけないようにしたいですね。

 

 

熱中症対策におすすめの飲み物は?

 

水、麦茶などのノンカフェイン飲料を意識してとるようにするのがオススメです。

ほかにも、たんぽぽ茶(タンポポコーヒー)、ルイボスティー、黒豆茶、コーン茶などもノンカフェインなうえ、ミネラルも補給できるのでおすすめです。

ミネラル麦茶なんかもいいですね。

 

 

 

まだまだ暑い日が続く予報です。

節電意識は大切ですが、体調を崩してしまっては元も子もありません。

扇風機やエアコンなど、涼むための家電製品を上手く利用して、暑さ対策頑張りましょう!

ソフトバンク篠路店も、現在は予約制ではございますが、ぜひ料金ご相談のついでに涼みに来てくださいね❄️🍧🍉

 

 

ただいま電気代2ヶ月無料キャンペーン開催中!

更にスマートフォンやインターネットも割引対象に!

ご自宅の検針票をお持ちください!

 

店舗へのお問合せはこちら

ソフトバンク篠路、来店予約ソフトバンク篠路、電話ソフトバンク篠路、機種を予約ソフトバンク篠路、LINEで相談
ソフトバンクオンラインショップ
ワイモバイルオンラインショップ
LINEMOオンラインショップ