僕がXperia 5Ⅱを選んだ理由【後編】

お店を訪れ、どのスマホ見ていても、

 

「写真、きれいに撮れますよ!」。

 

旧石器時代から100万回以上、

店員さんから、そう勧められ続けて、

もぅウンザリ。

 

結局、どれを選べばいいの?

 

そう感じている、あなたに。

 

Xperia5Ⅱを、ご紹介いたします。

 

記事を読んで、得られるメリット

 

 

・カタログでは知れない、実際の使用で分かったXperia5Ⅱの良さが分かる

・他のメーカーを購入する上での、比較となる基準を持てる

 

みなさん、こんにちは!

ソフトバンク郡山フェスタの

サガワです!

 

スマホは、デジタル一眼レフカメラよりも気軽に持ち歩けて、

すぐに撮影できるのが強みですよね。

 

今回の内容は、

僕がXperia 5Ⅱを選んだ理由

・アスペクト比『21:9』の魅力

・スマホ撮影が、より楽しくなる

のうち、

後編「スマホ撮影が、より楽しくなる」について。

 

 

前編「アスペクト比『21:9』の魅力」を読んでいない方は、こちら。

 

記事の信頼性。

筆者は、前職で3年間、デジタル一眼レフカメラを使用。

iPhone 8からXperia 5Ⅱに買い換えたばかりの現役クルー。

 

※価値観や感性は人それぞれであり、スマホ機能や写真に優劣はございません。あくまで、私の一見解としてお読みください。

 

北海道のJR函館駅(iPhone 8で撮影)

スマホ撮影が、より楽しくなる

「スマホカメラの方が、デジタル一眼レフカメラよりも、好みの写真が撮れる」。

そんな声を聞かれます。

 

確かに、

スマホカメラの機能によって、

あらゆるものが色鮮やかに、暗い部分をとても明るく補正してくれて、

良い感じの仕上がりになりますよね?

 

 

最初に、お伝えしておきます。

 

あなた好みの写真は、

きっと撮れないかもしれません。

 

 

なぜなら、

Xperia5Ⅱの画作りは、

デジタル一眼レフカメラ寄りだからです。

 

使って分かったXperia5Ⅱカメラの特徴

・クリアでエモーショナルな描写力

・自由度の高い撮影ができる

 

福島市の信夫トンネルより南側に延びる国道13号(Xperia5Ⅱの望遠70mmで撮影)

クリアで、エモーショナルな描写力

ZEISS(ツァイス)のレンズが3つ

カールツァイスは、1846年にドイツで設立されたレンズメーカーです。

 

「空気まで写すレンズ」と称され、

デジタル一眼レフカメラ用レンズの相場は、6.5万円から58万円まで。

 

Xperia 5Ⅱのトリプルレンズ、全てにツァイスが採用されています。

信夫山「烏ヶ崎展望デッキ」からの風景(Xperia5Ⅱの望遠70mmで撮影)

 

「線が細く、質感をうまく表現してくれる」という印象です。

少なくとも、僕の心の琴線に触れる画作り。

 

レンズのスペックは以下の通り。

画角 F値 最大ISO 特色
超広角 16mm 2.2 1600 歪みをいかせる
標準 28mm 1.7 3200 暗い場所での撮影に強い
望遠 70mm 2.4 1000 圧縮効果と背景ボケ

※画角は、フルサイズ35mm換算

お気に入りは、望遠レンズ。

遠近感の圧縮効果で生じるエモさと背景ボケが良い感じ。

 

 

陰のグラデーションが豊か

サガワ家の縁側にたたずむ愛猫(Xperia5Ⅱの望遠70mmで撮影)

 

写真の場所は、縁側の日差しが当たるか、当たらないかの境目。

 

猫の周辺に着目すると、黒つぶれも、必要以上の明るさ補正も入っていない印象です。

 

美しさは細部に宿る。ではないけれど、さりげない部分に対するSONYの本気をうかがえます。

 

 

自由度の高い撮影ができる

「こんな風に撮影したい」を写真に

オート撮影は、細かい設定がいらないので、とても便利。

 

しかし、コンピューターがはじき出す理想が、自分の理想にそぐわない時があります。

 

アプリ「Photo Pro」を使うと、デジタル一眼レフカメラのようなマニュアル撮影ができ、撮影者の意図をより反映させてくれます。

 

どのスマホにも手動で明るさなどを調整する機能はありますが、「Photo Pro」では目分量に頼らず、細かく数値を操ることができます。

 

設定できるのは、レンズの切換をはじめ、シャッタースピード、ISO感度、露出値など。

 

被写界深度、コントラスト、彩度なども設定できれば文句なし。

 

デジタル一眼レフカメラ、ミラーレスカメラの存在が危ぶまれるほど、機能が充実しています。

 

黒つぶれとノイズに強い

暗い場所での撮影は、取り込める光の量が限られ、シャッタースピード(光を取り込む時間)は長くなります。

 

その間、カメラの位置がずれることで、手ブレ写真となります。

 

ISO感度(電気信号を増幅させる性能)を上げることで、シャッタースピードを短し、手ブレを減らし、カメラを固定する三脚が不要になります。

 

しかし、ノイズを増やし、写真のできあがりに悪影響を及ぼします。

 

 

Xperia5Ⅱには、ノイズを軽減させる画像処理エンジンを搭載。

 

標準レンズのみ、多くの光を取り込める大判センサー付きで、ISO感度は最大3200まで上げることができます。

 

福島市の信夫山「烏ヶ崎展望デッキ」からの夜景(Xperia5Ⅱの標準24mm/ISO 1600/露出補正+1.3で撮影)

 

試しに、手持ちスマホの液晶の明るさを最大にして、写真を見てみてください。

 

黒つぶれせず「岩場に雪がある」「空に雲がある」、必要以上に明るく補正されず「足元が真っ暗」と分かる、画作りになっているはずです。

 

フルサイズのカメラも、

単焦点レンズも、

三脚がなくても大丈夫です。

 

夜景の撮影には、これ1台。

 

まとめ

Xperia 5Ⅱカメラの特徴

1.自由度の高い撮影ができる

2.クリアでエモーショナルな描写力

 

命中率こそ低いが、クリティカルヒットを欲しい人にオススメ。

逆光では、「だから、私はXperia」な写真が撮れることをお約束します。

 

おわりに

僕がXperia 5Ⅱを選んだ理由

・アスペクト比『21:9』の魅力

・スマホ撮影が、より楽しくなる

をお読みいただき、ありがとうございます。

 

Xperia5Ⅱをひとことで表すなら

「万人受けを追求せず、陰に光を当てることで一部の人を唸らせ、SONY信者を生み出す、Xperia初のリフレッシュレート120Hz対応の21:9スマホ」。

 

 

 

 

いらっしゃいませ。

 

旅先や家族との、今を。

きれいに残したい。

 

かしこまりました。

 

 

 

Xperia5Ⅱなら、

「写真、きれいに撮れますよ!」。

 

 

 

 

 

 

スマートフォンではなく、

スマートな支払い方法を知りたい方はこちら。

 

ソフトバンク郡山フェスタの

これまで掲載した記事はこちら!

 

LINE businessを始めました。

トークで気軽にご相談いただけます!

ソフトバンク郡山フェスタ
ソフトバンク郡山フェスタ、かんたん来店予約ソフトバンク郡山フェスタ、電話で予約ソフトバンク郡山フェスタ、機種を予約ソフトバンク郡山フェスタ、LINEで相談
ソフトバンクオンラインショップ
ワイモバイルオンラインショップ